窯出し

久しぶりの窯焚き

瀬戸では「菊練り3年、ろくろ10年、窯焚き一生」という言葉があるが、つくづく「一生」の重みを感じる今日このごろだ。

よく見ると藁灰釉がまだ完全には融けていない。還元が弱かったため唐津の土味が十分に出されていない。
一方、口周りは鬼板の吹き出しもよく気に入っている。口の角度はちょうどよくできた。欲を言えばもっといびつな作行きがよい。楷書より行草の方が面白い。分ってはいるのだが、手が勝手に動いてしまう。もっとろくろは遅く、かぎりなく遅くがいい。腰が悪くなければ、蹴ろくろでやりたい。あれは緩急があっていい。

初詣

あらたまの春のお祝いを申し上げます

昨日は元日でしたが、あまりに強風のためニューイヤー駅伝のTV応援に徹しました
HONDA初優勝!勝つ勝つと言ってなかなか勝てませんでしたが、若手に託したことが功を奏したのか、初優勝!素晴らしい!

さて、今日は無風
おだやかな天気
家族三人で近くの神社へ初詣に出掛けました

去年は社殿の扉が閉まったままでさみしい初詣になりましたが、今年は開いた扉が私たちを迎えてくれました
f:id:aien:20220102123527j:plain
私たち家族にとって、日本にとって、そして、世界にとって、いい年でありますように!

屋敷まつり

先日、恒例の屋敷まつりをしました
まづはおんべろ作り

まづ庭から篠竹を取ってきて同じ長さに切り、ナタで少しだけ割ります
半紙を4つに切り分け、それを畳んで折り目を付けます
f:id:aien:20211210111232j:plain

折り目にそって切れ目を入れます
f:id:aien:20211210112730j:plain
篠竹に挟み込んだらおんべろの出来上がり
f:id:aien:20211210111309j:plain

家の周りや、家の中の神様におんべろを捧げます

季節外れのひまわり

夏に咲いたひまわりから落ちた種が発芽して、このままでは冬の寒さで枯れてしまいそうなのでプランターに移して工房に置いてみた

すると、その中の一株が花を咲かせた
f:id:aien:20211210105547j:plain

ちょっとうれしい冬の夏だ

小碗の焼成

子供用の飯碗、汁碗の注文が来たので制作

とりあえず計100個作った

しっかり乾燥させる
f:id:aien:20211202170345j:plain

これらの小碗は藁灰釉をかけるので素焼してから施釉
なぜなら厚掛けしないと味わいがなくなるから

初め還元、途中から酸化で1220度焼成
f:id:aien:20211202170501j:plain

釉薬はすべて同じ

白土系

f:id:aien:20211202170724j:plain
唐津白土
f:id:aien:20211202170808j:plain
美濃古陶土
f:id:aien:20211202170833j:plain
御本土(焼き方が違うので御本は出ない)


赤土系

f:id:aien:20211202170915j:plain
オリ赤土(この土は製土業者が廃業したのでもう手に入らない)
f:id:aien:20211202173438j:plain
美濃赤土
f:id:aien:20211202173510j:plain
∴ん窯特製ブレンド

私の好みから言えば最初の唐津白土がナンバーワン